2019年1月10日木曜日

あけましておめでとうございます2019☆


あけましておめでとうございます☆


今年もより良い診療をスタッフ一同、心がけていきますので
何卒よろしくお願いいたします!






(今年のお年賀は榮太樓さんの祝いあめ “ことほぎ”です)


去年は平成最後として、巷では様々な節目の付け方が話題になっていましたね。


その中の一つとして今年で平成が終わることとかけ、年賀状でのご挨拶もこれで卒業する
“卒年賀状”という記事もニュースで見かけました。


様々な理由からわからなくもないですが、ちょっとさびしいなぁ…と思っていた矢先


“生きにくい時代を生きるとき、お茶は教えてくれる。<長い目で今を生きろ>と”
(森下典子 「日日是好日」)


去年私が映画を観て感動したことを知ってか知らずか(笑)
今年の大学時代の恩師の年賀状には、このような一節が抜粋されていました。


早さと便利さだけが意味のあること、のようにも思える昨今ですが
年に1度、1通の葉書を通じて共感し合える喜び、そんな余白も、やはりいいものです。



今年は院長の誕生日会?の一枚を年賀状風にアレンジしてみました☆

笑いのパワーで今年も一年、皆さんが健やかに過ごせますように…(´∀`*)


笑う、といえば

新年の1冊、初買いは“太宰治の絶望語録”

暗ーくて、重ーくて、逆に笑えてきます(笑) おススメです!